いかれた慕情

僕の天使マリ

幸せなんてただの非日常よ!

今朝西友で買い物していたら卵のパックを落としてしまって辛かった。

落としてからしばし呆然としていたら親切なおばさん×3人くらいが店員さんを呼んできてくれて、おばさんの店員さんが来て我に返って「買い取ります!」って言ったけど「大丈夫です」と言われて床に広がる黄身を見て悲しくなった。本当に申し訳なかった。

昨日までは夢の国にいてミニーちゃんの耳とかつけていたので落差が激しい。

いや、釈明すると本当は耳とか着けない予定だったけど、連れていた子供に買ったものの子供ゆえ頭が小さ過ぎてカチューシャはすぐ取れてしまうという事で子供のはキャップにして、仕方ないので私がカチューシャを着けたのであった。

昨日は姪、正確には従姪の誕生日祝いでディズニーランドへ。

 

前日にディズニーランドのホテルに泊まった。夕飯を食べて、ホテルでも探検するかいと誘ってグルグルした。

撮ろうと言われたのでホテルのプリクラを撮ったが、画質が2018年とは思えないクオリティでめちゃくちゃ懐かしかった。子供の頃ボーリング場で撮ったプリクラのようだ。とにかく粗い。

お菓子でも買ってあげようと思って売店に行ったらビール売り場の扉を開けて「マリちゃんどれにすっと?」と聞いてきた。出来る姪だ。

ビールとお菓子とジュースを買って、部屋に戻ったらいい時間だったのでお風呂に入りなさいと促した。

泡風呂のキットを買ったのでそれを入れて遊んできなと見送ってベランダでタバコを吸っていたら十分足らずで素っ裸でバスルームから飛び出して来て、驚いて「ちゃんと洗ったと?」と聞いたら「もうおふろの泡が無くなる、マリちゃんも泡で遊びたかろうと思って…」と屈託の無い笑顔で言ってきた。

9歳でこんな人間出来た子がおるかね…という親バカ的なものを感じながら温度設定をミスったぬるいお風呂に浸かった。泡はもう消えていた。

 

ビールとジュースで乾杯してでかいベッドの上でゴロゴロしながら姪の質問攻めに遭って「なんで一人で暮らしとると?」「寂しくなか?」「夜は怖かろ」「足の傷どげんしたと」「彼氏はおる?」「何人兄弟?」「ディズニーランド来たことある?」「マックとモスどっちが好き?」「二重跳び何回出来ると?」「誰とメールしとらす?」etc…

 

預けておきながら前情報が殆ど無かったので何時に寝かせるか悩んだものの興奮してなかなか寝ないので22時ごろに部屋の照明を無理矢理全部落としたらやっと寝た。

 

夜のホテルのロビーでぼーっとしてチェックインするカップルとか中国人の家族とかWi-Fiを利用して通話する人とかを眺めていてそれぞれの人生に思いを馳せそうになりながら部屋に戻って自分も寝た。

 

翌朝は6時起きだった。

普段完全に夜型なので勘弁してくれよと思ったもののアラームが鳴って30秒くらいでベッドから抜け出す快挙を成し遂げた。今年、最初で最後の6時起きだったと思う。

起きて支度をしてベランダに出て海を眺めていたら気持ちよかった。

 

姪はひっつき虫なのでどこまでもついてきてスリ…と身を寄せてくる。かわいい。

 

朝食を食べてなんかミッキーの電車に乗ってディズニーランドへ。激混み。

薄々気づいてはいたものの、春休みで混雑ランキングS。

姪の小学校は全校生徒100人もいない。こんな人混みを見るのは初めてらしい。

 

死人が出るのではと思うほどの人混みを掻き分けてファストパスとったりアトラクションに並んだり。

子連れなので240分待ちとかはさすがに無理。4時間って。

一番乗りたかったビッグサンダーマウンテンには頑張って2時間半くらい並んで乗った。はっきり言ってかなり限界であった。

本当は絶叫系無理だけど頑張った。今年一番頑張った。

めちゃくちゃ喜んでいたので良かった。

姪は「じいじが送ってくれた…」と言って付箋を貼りまくったディズニーランドのガイドブックを熟読していたので、要所要所で「ここ本で読んだったい!」と嬉しそうに声を上げていた。

 

あっという間に日が暮れて夕方頃になり、帰りの時間もあるので「あとこれとこれに乗って、お土産買って帰るよ」という話をしたのだが、前述通り大混雑で、乗りたかった乗り物全部に乗ることは出来ず、断腸の想いでそれを伝えたところ、姪は俯いて泣き出してしまった。プーさんのハニーハント、夕陽と蜂蜜の香りに包まれて、ついぞ泣いてしまった。

なんて言ったらいいだろう。子供特有の、あの駄々をこねてワーッと泣くのではなくて、黙って、俯いて、さめざめと泣いていた。

小さな頭をシュンと垂らして涙を流しているので、その姿がいじらしくてかわいそうで、泣くなとも言えず、「ごめんよお、楽しみやったばってんが、こげん混んどらすけん全部は無理やった、また夏休みにでも来ようよ、今度はシーにも連れてってあげる、そん時はもっと乗れる…」と言っているうちに私も遣る瀬無くてエグエグと泣いてしまった。少し。

 

涙を拭いてポップコーンを食べさせたらだんだん納得したのかそのうちに機嫌も直って、ニコニコしていた。よかった。

パレード、別に興味なかったけど凄かった。死ぬ気でおんぶして見せてやったけど私は背が低いのでさほど目線は変わらなかったと思う。それにしても筋肉痛が凄い。

 

わざわざリスト化していたお土産メモを持ってお土産選びに付き合って(さすが社長令嬢、三万弱使っていた)、ディズニーランドを後にした。

 

帰りの中央線でぐったりしながら、データフォルダに残るiPhoneのカメラを向けた時の、屈託の無い笑顔でピースをする姪の半生を考えていたらまた泣けてきた。お誕生日おめでとう!