いかれた慕情

僕の天使マリ

相当ご機嫌ねワンワン

昨日は群馬県前橋市にある「世界の名犬牧場」へ行ってきた。

 

車で行ければ便利なのだが、わたしは免許を持っていないので公共交通機関を利用。

前橋駅よりバスで30〜40分、終点の「富士見温泉」下車3分ほど。

 

f:id:bokunotenshi_66:20180710212115j:image

f:id:bokunotenshi_66:20180710212334j:image

 

ぐんまちゃんとゆるいキャラクターがお出迎え。
f:id:bokunotenshi_66:20180710212338j:image

 

入場料は大人650円。安い。

平日の真っ昼間だったので客足はちらほら。カップルが何組かいた。

 

f:id:bokunotenshi_66:20180710212628j:image


f:id:bokunotenshi_66:20180710212624j:image

園内はこんな感じ。

抜けるような青空と広大な芝生。

 

f:id:bokunotenshi_66:20180710212721j:image

明日香キララさんのサイン色紙があった。

明日香キララさんも犬がお好きなのだろうか。

 

 

世界の名犬牧場では「お散歩サービス」というものがあり、各々が好きなワンちゃんと敷地内を散歩できるという艶かしい体験ができる。

ランキング表が貼ってあった。

f:id:bokunotenshi_66:20180710212841j:image

柴犬の仁。
f:id:bokunotenshi_66:20180710212832j:image

 

さあお待ちかねのふれあい広場へ。

「たくさんのわんちゃんが待っています♩」だそうで…

f:id:bokunotenshi_66:20180710212837j:image

歩みを進めると…

f:id:bokunotenshi_66:20180710213214j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710213217j:image

わんちゃん達のお出ましだ〜〜!!

とても人懐っこいので、一目散に駆け寄ってくるわんちゃん達。

 

f:id:bokunotenshi_66:20180710213324j:image

二重の扉を超えると自由に触れ合える。

嬉しさのあまり手が震える。

扉を開けるや否や、尻尾を振りながらわたしにまとわりつく犬達。

犬屋敷の主人のような気持ちになる。

ベンチがあるので腰掛ける。

f:id:bokunotenshi_66:20180710213740j:image

チーム小型犬達の猛攻に遭う。

なんだか目力が凄い犬がいた。
f:id:bokunotenshi_66:20180710213733j:image

なかなか味のある表情をしている。

切実な視線に胸を打たれた。なんなんだこいつ。

 

スピッツ犬がわたしの隣に腰掛けたのでフワフワの毛を触らせてもらう。

わたしのカーディガンは白い毛だらけ。

f:id:bokunotenshi_66:20180710214240j:image

見切れているが、犬に浮かれているわたしのカバンに顔を突っ込んで食べ物を探す蛮族を発見。ただちに注意する。
f:id:bokunotenshi_66:20180710214243j:image

この顔である。

f:id:bokunotenshi_66:20180710222303j:image

 

f:id:bokunotenshi_66:20180710214119j:image

しかし、カワイイ。カワイイ。カワイイ。

日常生活で人間には全然好かれないが、犬にモテるなら十分だ。

f:id:bokunotenshi_66:20180710214801j:image

フレンチブルドッグと日本スピッツを膝に乗せて筆者ご満悦。

違うふれあいコーナーに行こうと立ち上がり歩き始めると上手く歩けない。

おや………?
f:id:bokunotenshi_66:20180710214806j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710214755j:image

フレンチブルドッグがストーカー化している。カワイイ困ったさんだ。
f:id:bokunotenshi_66:20180710214810j:image

 

f:id:bokunotenshi_66:20180710215109j:image

大きい犬コーナーへ。

ゴールデンレトリバーシベリアンハスキー

自分とどっこいどっこいの体重の犬達に詰め寄られると嬉しい悲鳴。
f:id:bokunotenshi_66:20180710215114j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710215100j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710215105j:image

でっかい犬を飼うのが目下の夢である。

 

柴犬のプリケツを激写。表情にご注目。

f:id:bokunotenshi_66:20180710215410j:image

 

続いてポメラニアンの間へ。

ポメポメしなすって。

f:id:bokunotenshi_66:20180710215558j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710215549j:image

扇風機が其処彼処にあるのでちゃんと涼しい。ポメ毛がなびいている。

 

屋外でお昼寝する犬たち。

キャバリアキングチャールズスパニエル。
f:id:bokunotenshi_66:20180710215540j:image
キュッとした小さな頭がチャームポイント。
f:id:bokunotenshi_66:20180710215553j:image

マルチーズ。お水飲んだばかりで口元がびしゃびしゃだね。
f:id:bokunotenshi_66:20180710215535j:image

美しさの極みボルゾイ

不思議な体躯をしている。

優雅な見た目の割にはやんちゃ。

f:id:bokunotenshi_66:20180710215831j:image

 

そして、アメリカンコッカースパニエルのクーちゃん!

f:id:bokunotenshi_66:20180710220019j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710220014j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710220010j:image
f:id:bokunotenshi_66:20180710220005j:image

 

昔実家で飼っていたのはこの犬種。

懐かしい佇まいと触り心地に泣きそうになる。

この子がまた人懐っこくてずっと隣にいてくれた。カワイイ。マンモスカワイイ。

何気なく手を差し出したらお手もおかわりも出来るお利口さん。

かわいすぎるのでずっと構っていた。

近くにいたご夫婦が「あのベージュのわんちゃん、あのお姉さんが大好きなのね」と言っていて嬉しくなる。

長い耳をパタパタさせたり丸っこい頭を撫でたりと忙しかった。

撫ですぎてハゲちゃうかもと思うくらい撫でた。

 

おやつを買ったのであげることにした。

みんな寄ってきてアピールをするので平等にあげていたら、少し離れたところから寂しげな視線を感じた。

f:id:bokunotenshi_66:20180710220255j:image

このしみったれた顔。
f:id:bokunotenshi_66:20180710220246j:image

骨の形のクッキーをあげた。

犬にもいろんな性格があるものだ。

おやつをあげるとすりすりしてきた。カワイイな。

f:id:bokunotenshi_66:20180710220658j:image

おやつはこんな感じ。ジャーキーとクッキーの詰め合わせ。

f:id:bokunotenshi_66:20180710220753j:image

 

ちいさなカフェもある。

犬用の食べ物も販売している。

ドッグラン併設なので犬連れの人にもうれしい。

f:id:bokunotenshi_66:20180710221008j:image



バスの時間の都合で帰ることに。

前橋市は32度くらいの猛暑だったが3時間くらい堪能した。また近いうちに絶対に行く。

犬が大好きな方は是非行ってみてほしい。

犬仲間が欲しいので犬の話をできる人を募集している。

やはり狂おしいほど犬が好きだ。

 

最後に帰りのバス停に向かう途中にあった狂気のラーメン屋(何故かステージがある)

f:id:bokunotenshi_66:20180710221552j:image