いかれた慕情

僕の天使マリ

死相のつたが膝で絡まってんのか

風邪を引いて、寝たり起きたりしている。

インフルエンザが流行っているので若干の具合の悪さも見逃せないと思っていたら今月だけで3回も鼻の穴に綿棒を突っ込まれる羽目になった。

今朝も起きて病院に行こうと診察券を取り出して、電話予約が出来るというので音声案内に従って手順を進めていくと、9時すぎの時点で「あなた の 受付番号 は 63 番 、現在 9 番 の 方 が 診療中 です 遅れずに いらしてください 」と機械に告げられて終わった。

63番という果てしない数字に目眩がしそうになりながら、1時間ほど自宅待機して10時半過ぎに病院へ行ってみた。小児科も併設されているので子供が多い。

予約している旨を伝えると、受付の女性に「現在9番の方が診療中ですので恐らく12時半過ぎになるかと思われます」と言われた。

おい、9番何やってんだよ!と叫びそうになりながら、朦朧とした頭で「ええ…」と動揺していたら、熱を測らされて、「キャンセル待ちで繰り上げることも出来るので院内でお待ちください」と指示を受けた。

 

待合室のキッズスペースでは「しまじろう」のアニメが流れていた。

初めて見たしまじろうのお父さんがキャプテン翼みたいな頭身でマスクの下でグフフと笑ってしまった。

 

幸い15分ほどで名前を呼ばれて診察を受け、インフルエンザは陰性だが熱があるので油断厳禁、と抗生物質などの薬を処方された。美人の女医だった。

 

調子が悪いと果汁100%のジュースを飲みたくなるので買って帰る。

子供の頃、よく高熱を出してはハーゲンダッツを食べさせてもらったのを覚えている。風邪にはミルクたっぷりのアイスが良いというのが母親の持論だった。

乳・卵アレルギーだった名残か牛乳が苦手だったので、アイスなら食べられた。

 

そういえば数日前に派手に転んで膝から流血したところが痛い。

もともと右膝に二つ並んだ丸い傷跡があって(幼い頃に近所に住むたっくんに押されて転んだ跡)、その下に新たに大きめの傷が出来たので、膝に人面瘡が発生した。

瘡蓋が取れたらインスタグラムにでもアップしようと思う。

 

頭と膝が痛い。

昨日お客さんが「これをかけてください」と持ち込んだ「がんばれ!ヤングジャイアンツ」というレコード(という名のただの実況中継)が頭の中で鳴り続けている。店のディープさが極まった瞬間だった。

 

明日はこだまさんが阿佐ヶ谷へ降り立つ日らしい。嬉しい。

チケットは取れなかったがなんとか拝めないだろうか。

私がこだまさんを好きな理由は、どれだけ自分が傷ついて不遇の身に遭っても全て天災のように受け止める清さにある。

「書く」ことで心が浄化される、という感覚が改めてわかった。

 

独りよがりでいいのでこのブログもひっそり続けていこうと思う。