いかれた慕情

僕の天使マリ

いかれたbaby

 

夜遅くに帰ってきてクタクタの身体で出来合いのチャプチェを食べてビールを飲んで、食パンを生のまま食べたりした。

安いワインに果汁を絞って飲んだ。

チリ産のワインは安くてもじゅうぶんおいしい。すでにバーで飲んできたけど、たらふく飲んでしまった。

今日は客のうるさいばばあと喧嘩した。

その光景を見た若い人たちに「すごいね」と言われた。戦わなくてもよくなりたいのに。

 

酩酊して買ったでかいホットカーペットに、酩酊して寝そべってウトウトした。薄い悪夢で起きる。薄い悪夢というのは、十分今の現状・現実で起こり得る悪い出来事を見る夢だ。

部屋の中ではボンヤリと、FISHMANSのMAGIC LOVEが漂っていた。若くして死んでしまった人の歌ってどうしてこんなに。

佐藤伸治木下理樹のナイーブな歌声は宵っ張りの脳に優しく響く。

 

昼過ぎに起きて靴を洗ったり諸連絡を返したりした。

インターネットで見る他人の暮らしぶりには何故かたまに興味が湧く。

 

これから渋谷へ行く。