いかれた慕情

僕の天使マリ

そういえば君のこと前から好きだった

久しぶりに仕事仕事仕事用事で完徹して、寝て起きて病院で仕事。

冬の朝の澄んだ空気は気持ちいい。

 

大学時代の友人が結婚するというので、気の利いたプレゼントが思いつかない不器用な私は花束を持って会いに行った。こう見えて大卒である。

満員電車で花を守りながら寒い街に降りた。

 

久しぶりに会う人には一言目に「痩せた??」と聞かれるので今週だけで3回くらい説明しなくてはならなかった。

末尾に「でも今は元気」と付けて締める。

男の人に「君は身体が小さいけど出産とか大丈夫なの」と聞かれたので「したことないけど多分大丈夫!」と答えた。予定もないのでメチャクチャ口から出まかせ喋った。

最近手の震えを指摘されるのでヤク中かアル中かと茶化されるが腕を酷使しているだけなので…と言う。事実、痩せてから尚のこと腕の筋肉が浮き出てきた。

握力も多分40kgくらいあるような気さえする(学生時代で34kg)。

強いことに差し支えはないのでどんどん強くなろうと思う。

 

昨日はデロデロに酔ったので根暗な私も陽気だった。

 

 

 

もう愛以外いらない、もう愛以外いらない

f:id:bokunotenshi_66:20171122202550j:image